ミシュラン power TT 25cインプレ goodyear F1比較

ミシュラン power TT 25cインプレ goodyear F1比較

クリンチャーでの運用で現時点機関にテストされて数値が分かっている商品の中で最も速いタイヤというミシュランPOWER TTを買ってみたので、
早速テストでいつもの峠を走ってきました。

ちなみに、比較用のタイヤは、goodyear F1 25cになります。

どちらも、空気圧4.6bar、black inc 45装着してのテストになります。

重量は実測で、
goodyear F1 25cが、204g
ミシュラン power TTが、198gでした。

計測機関での、データ上は、
goodyear F1 TLが、6.9barで14.7w
michelin power TTが、6.9barで9.2w
となっており、自分のgoodyear F1はクリンチャーなので、少なくとも、14.7wより抵抗が大きいのかな?というイメージ。

ということで、いきなりですが、
走ってきた峠データ。

ちなみに、power TTの時は気温低く、若干の向かい風でした・・・

ちなみに、今朝の体重は58.6kgでした。

試行回数が少ないので、一概には言えないかもですがファーストインプレッションは
まずは、重さは似たようなものなのに、転がりが軽いという印象でした。

峠のタイムもここ数回登ったパワーと同じくらいのパワーで登ってるのに、少し速いという結果。

タイヤだけでここまで違うという結果に驚きを隠せませんでした・・・

まだ試行回数少ないですので、引き続き、検証してみようと思います。

 



ツールバーへスキップ