wahoo kickr snapを購入。powertap p1と比較

wahoo kickr snapを購入。powertap p1と比較

kickr snapを設置後、まず、最初にwahooのアプリをインストール。

起動後のこの画面で(Android版)右上の電波マークが2つ並んでるみたいなアイコンをクリックします。

+ボタンを押して、デバイスを検索して、kickrを認識させます。

この時、僕の場合ですが、最初にbluetoothで直接kickrを接続してると

ここに表示されずに、試行錯誤してしまいました(汗)

接続が完了すると、今度はキャリブレーションをします。

まず、タイヤの空気圧を確認。

その後、本体の青いネジでタイヤとローラー部分を接触させるのですが

タイヤとローラーが接触してから、青いネジを2回転が目安だそうです。

その後、アプリの先程の画面の下の方に、spindownというボタンがあるので

それをクリックして、ゆっくりと37km/hまで速度を上げ、37km/hに達したらペダリングをやめます。

その後、自然に時速15km/hまで落ちたら完了です。

ただ、僕の場合は、パワータップp1と比較がしたいので、そのまま比較すると

誤差が結構ひどい・・・

ので、Brake strengthの値。(最初は0.7)でした。

を、少しづつ上げながら、何度かキャリブレーションをやり直し。

最終的に、1.2くらいにしたときが一番、パワータップp1の値や自分の感覚と近かったので

それに設定をしました。

このあたりが、パワーメーターを持ってないと、微調整が分からないので難しいな~と感じた。

で、その状態で、zwiftに接続して、パワータップp1は、直接GARMINの520j。
zwiftは、kickr snapを表示させるようにセッティングして、zwiftを開始。

 

上り坂とかで、今まではzwiftでは、ダンシングなんてしたことなかったのに、
これだと上りが再現されて負荷が上がるので、ダンシングをしてしまう。(笑)

で、ダンシングすると一時的に、パワーが350~400wとかに上がるんだけど
その時の表示されてるパワーは、どちらも似たような感じで許容範囲。

上のグラフを見ると、35分間の平均パワーで、5w。最大パワーで7wの誤差。

瞬間的なアタックで、この誤差は十分に許容範囲かなと。

とりあえず、kickr的には、毎回ローラー乗るときは最初にキャリブレーションしてねって感じなので、しばらく様子をみて比較してみようと思います。



ツールバーへスキップ