全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2017

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2017

今年も、乗鞍行ってきました。

去年までよりは、確実にロードに関しては強くなってる自信があるものの、
長距離のヒルクライムに関しては、練習不足なため、どこまでやれるか不安と期待の入り混じった
今回の乗鞍。

普段の練習でも、10分間かそれ以下の数分高強度ばかりやってたため、
20分を超える上りだと、キツイ感じ。

それでも、序盤にアップダウンが多くロードレース的な飯南ヒルクライムでは、
去年よりタイムを縮める事に成功したので、あとは気合でどこまで我慢できるか・・・

去年と同じく、2日前に輪行で松本からレンタカー&車中泊

到着した時に、既に雨がひどく、試走無理かな~と思ってたら
「山大生の小林君から、雨止んで試走できそうですよ」
との知らせを受け、支度をすませ
三本滝までの試走を開始。

序盤、ノーアップなのに、話しながら300wオーバーとかで登ったため、
丁度、半分行った所で、マイペースに切り替えて上る。

下山後、解散するも、身体があたたまってたので、
そのままもう一本。

あと1kmで三本滝という所で、パンク・・・(泣)

チューブラーなので、だましだまし下山してなんとか麓まで到着。

前日、早朝に徒歩でウロウロしてたら筧五郎さんと出会ったので、
記念撮影(笑)

その後、サイクルモード化した乗鞍のイベント会場で掘り出し物を物色

サンボルトジャージ等を2000円とかでGET。
あとゴキソを装着したYONEXのフレームを試乗。

 

初GOKISOの感想ですが、
今まで、重さ等のネガティブなイメージと抜群の回転性能のポジティブな部分のバランスが
見えてこなかったのですが、
実際の登板で試してみて。
色々納得。

1.乗鞍序盤程度の、斜度だと、重さは気にならない。
2.乗り心地と振動吸収がすごい・・・今まで、自分の乗ってるS-works TARMACだと上りでちょっとしたギャップ等があると
足を止めてやり過ごすとかしてたのが、GOKISOだとズムーズにずっと回し続けることが出来る。
当然、カーボネックスのフレームが振動吸収能力が高いのもあるけど、カーボネックス単体は乗ったことあるので、それを差し引いても
GOKISOのスムーズさは、凄いと思う。
3.下りは快適。

で、色々と前日を楽しんだ。

当日、天気は最高。

レースも無事にスタートして、いい感じで進む・・・
・・・が、サイコンを見ると
スピード表示が明らかにおかしい・・・(汗)

どうやら、輪行の時にガーミンのセンサー位置がズレてたらしく決戦ホイールの磁石との兼ね合いで
無茶苦茶な数字が表示されてるっぽい・・・

三本滝までは、何度も走った事あるので、思ったペースで通過し
18分台で通過出来たので、去年よりは良いペース。
ただし、それ以降で、スピードはともかく、そのせいで距離が無茶苦茶になってしまったせいで

「この距離をこれくらいで走れば、何分でゴールできる」

みたいな計算が狂ってしまい、走りながら、このペースだと、去年の記録は超えれそう・・・
とか思いながら、無理せずに走ってたら、実際の距離が全然違って、
あと5km地点で、あら・・・全然ダメじゃん・・・ってなった(汗)

まぁ、たしかにパワーメーターみたら去年より相当低い。

おかげで、去年1時間12分2秒が、今年、1時間13分50秒にまで、遅くなった。

ただ、パワー的には去年より20w以上低い・・・

これは、この日のために導入したタイヤ、コルサスピードと、エアロスーツのおかげ?

楽しかったが、色々と悔いの残る今回の乗鞍。

やっぱり、長距離のヒルクライム練習は、必要だなと反省。

来年、10分切りを目指して、また頑張ります。



ツールバーへスキップ