CUBE ATTEN GTC SL DISC 2018インプレ

CUBE ATTEN GTC SL DISC 2018インプレ

自転車仲間のYさんが、CUBE ATTEN GTC SL DISC 2018を購入されたので、

少しだけ試乗させて頂いたインプレを。

メーカーの公表スペックは、以下

フレームGTC Monocoque Twin Mold Technology, Flat Mount Disc, Road Comfort Geometry,AXH, 12x142mm

カラーcarbon‘n‘grey

フォークCUBE CSL Race Disc, Full Carbon, Flat Mount, 1 1/8“ – 1 1/4“ Tapered, 12x100mm

ヘッドセットFSA I-t, Top Integrated 1 1/8“, Bottom Integrated 1 1/4“

ステムCUBE Performance Stem Pro, 31.8mm

ハンドルバーCUBE Wing Race Bar

リアディレーラーShimano Ultegra RD-R8000-DGS, 11-Speed

フロントディレーラーShimano Ultegra FD-R8000-BM, 31.8mm

シフト/ブレーキレバーShimano 105 ST-R7020

ブレーキシステムShimano 105 BR-R7070, Hydr. Disc Brake, Flat Mount (160/160)

クランクセットShimano Ultegra FC-R8000, Hollowtech II, 50x34T, 170mm (50/53cm),172.5mm (56/58cm), 175mm (60/62cm)

スプロケットShimano 105 CS-R7000, 11-32T

チェーンShimano CN-HG600-11

ホイールセットFulcrum Racing 66 DBタイヤConti Grand Sport Race SL, 28-622

サドルNatural Fit Nuance Race

シートポストCUBE Performance Post, 27.2mm

シートクランプCUBE Screwlock, 31.8 mm

総重量8,5kg

第一印象は、フォークがスリムなのと、ポジションがややアップライトだなという印象で
カラーリング等は、ブラック系の艶なし+艶アリのミックスで締まってるイメージ。

コンポは、シフターのみR7000の105油圧ディスクで後はフルアルテグラ。

細かい箇所でいうと、バーテープのエンドや、サドル等にも全部CUBEのマークが入っていて好印象。

 

まず、漕ぎ出した瞬間から、滑らかさが際立ってます。

す~っと出る感じ。

常に舗装されたてのアスファルトを走っているかのような、滑らかさとスムーズさ・・・

今まで、色々とコンフォート系とかエンデューロ系とか乗った事あるけど、

ちょっと異次元に近い滑らかな乗り心地でビックリ。

持った時は、ディスクブレーキ完成車という事もあってキャリパーの軽量モデルのような軽さは感じなかったけど

乗った時は、軽くス~っと進む。

 

これは、初心者だけでなく、長距離専門のブルベライダーにもオススメできるバイク。

時間的な問題と等で高負荷な乗り方は今回は試せてないですが、いつかまた乗せて頂けたら、試してみたいなと思います。

 



ツールバーへスキップ